1年前から仕事に行くと起こる頭痛

こんにちは。

クローバーカイロの吉武です。



本日の記事は久しぶりの症例報告です。

タイトルにもあるように「1年前から仕事に行くと起こる頭痛」について実際の症例も踏まえてお伝え致します。

お子様の治療の付き添いで来られていたお母様ですが、
ご自身も首の痛み、頭痛がするという事で治療を受けられる事になりました。

頭痛 福岡市


頭痛はありふれた症状で、病院を受診する全体の10%が頭痛だと言われています。


この方の頭痛の特徴は、首と米神から痛み出し、特に仕事中に痛みが強くなるとの事。

夜に眠ると頭痛は治るそうですが、仕事に行くとまた頭痛になるというパターンを繰り返します。

また、3,4年前から下の血圧が高くなっていたが、特に症状はなかったとの事です。


さて、初回にアクティベーター療法(カイロプラクティック)で施術を行うと、約1週間後にお見えになった時に頭痛がかなり軽減したとの事でした。

仕事に行っても、肩こりや首痛が続かなくなったとご報告を頂いています。


3回目も1週間後にお見えになりました。

仕事に行っても頭痛が出ない時もあったらしく、ただ下を向く作業の時には頭が痛くなるそうでした。



通常、カイロプラクティックや整体などでは、
その時に現れている症状(痛み)の軽減は施術で出来るのですが
今回の職場にいる時に起こる頭痛のようなケースでは効果的な施術は出来ません。

というのも、日常生活では頭痛はさほど起きていませんし、治療院にお越しになられている時には頭痛を感じていないからです。

出来ても、今出ている身体的症状の首や肩、頭部の筋肉を緩める事です。

なぜクローバーカイロで、施術する時に出ていない症状を施術できるかというと、このような症状は、脳が記憶している症状で、クローバーカイロは脳の記憶を施術するからです。


繰り返す症状(頭痛とか腰痛などなど)の多くは、脳が学習した結果です。

日々私たちの体には、治ろうとする力が脳から信号が送られていますが、中々症状が治らない時というのは、この信号がどこかでブロックされているからです。

カイロプラクティックでは、背骨で治る力がブロックしていると考えていて、脊椎の矯正を行なっています。

クローバーカイロでは、独自にメンタル調整法を行なっていますから、
脳でブロックしている信号を施術しています。

上でも書きましたが、繰り返される症状の多くは脳で学習された症状です。

要は脳で信号がブロックされているから、治らないのです。

そして、そのブロックは無意識で作っています。

無意識だから、ご自分でブロックを作っているという認識はないのです。



この方は、「心配」、「劣等感」、「警戒心」などの否定的感情が、
頭痛のブロックになっていました。

また、「連帯感」という肯定的感情もブロックになっていました。

ブロックには、感情の良い悪いはないのです。

だから、自分ではわからないのです

この方は5回ほどの調整で、頭痛が日常生活で困る事がなくなってきたそうです。




はじめに病院での受診の薬10%が頭痛だとお伝えしましたが、
多くの病院での治療は薬物療法を行なっています。

鎮痛剤や筋肉の緊張を緩和する筋弛緩薬や漢方薬、またストレスや不安を緩和する抗うつ薬などです。

薬というものは、多かれ少なかれ体にとって副作用があります。

カイロプラクティックは、昔から手術や薬を用いる事なく症状の改善を行う事で知られています。

体に優しい自然療法です。

是非、ご自身にとって有効な方法でお困りの症状を解決されることを願っています。


a:43 t:1 y:1

コメント


認証コード2594

コメントは管理者の承認後に表示されます。