自律神経と疲労の関係性について

皆さまこんにちは。

ソフトバンクホークス、サポーターズクラブ会員の吉武です( ^∀^)

一昨日の27日は、ソフトバンクホークスが見事2年ぶりにリーグ優勝を成し遂げましたね。

ホークスサポーターズクラブ会員として嬉しく思います^ ^


今日は、自律神経と疲労についてお伝えしたいと思います。

自律神経はストレスと密接な関係があります。

ストレスは自律神経を疲労させるんです。

自律神経には、交感神経と副交感神経の2種類があります、ストレス時は交感神経を昂らせている状態です。

交感神経と副交感神経がバランスよく働いている時は疲れにくいのです。

では、副交感神経をもっと働かせたらいいのでは?と思いますが、自分では中々それが難しいのです。

よく交感神経をアクセル、副交感神経をブレーキと言いますが、アクセルのペダルはあっても、ブレーキペダルはないのです。

自律神経のトータルのパワーは決まっていて、交感神経のペダルの踏み具合で副交感神経のパワーが決まります。
これが副交感神経の働きを抑えるという事。

安心できる環境では交感神経の働きが抑制されて副交感神経が優位になります。

例えば、旦那様がリモートでずっと家にいる。

なんて状態だと、奥様がストレスが溜まっている可能性があります。

福岡市 自律神経


ご夫婦で仲が良くてもです。

家族といえども、ずっと一緒にいたらストレスになるかもしれません。

ホームとアウエイという考え方で言うと、アウェイの環境では交感神経が働きますから、自宅がホームじゃなくてアウェイになる訳です。

家族がホームとは限りません。

リモートワークや自粛モードで夫と子供が終始家にいる。

その事で奥様の生活リズムが狂って、鬱になる人も増えています。

奥様が旦那さまのいない時に、趣味でオンラインレッスンなどにハマっていたら、仕事している旦那さんの前では中々出来ないのではないでしょうか。

今まで一人の空間がホームだったのに、旦那さまがいつもそこにいる事でアウェイの状況になっている訳です。

ホームというのは自分にとって居心地の良いスペースを作るという事。

それは安全で安心な快適な場所です。

旦那さまがいる事で安全かもしれないけど、安心と快適がないのです。



≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

クローバーカイロでは、自律神経を整えてお悩みの症状を解決するお手伝いをしています。

ご予約はこちらからお進み下さい。

また、メルマガで心と身体に繋がりについて、吉武が感じた事を定期的にお送りしています。

メールマガジンは、こちらからご登録下さい。

※ご登録頂いた方に10日間で腰痛を撲滅するメールセミナーを無料配信しています。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡




a:59 t:3 y:0

コメント


認証コード2137

コメントは管理者の承認後に表示されます。