カテゴリ:

医者に殺されない47の心得

最近注目になっているのでamazonで購入しました。

医療否定派の放射線の先生です。

この手の本は偏る傾向にありますが、全てを鵜呑みにするのではなく、それを理解して読まれると言いと思います。

でも、結構面白い事がちょくちょく書いています。

気になった所をちょっと書いてみますね。

・風邪薬や抗癌剤も病気を治せない

これは当たり前の事なんですが、勘違いされている方が多いです。

症状を一時的に和らげる効果があるだけです。

そして、副作用がある。(薬は毒)

副作用で死ぬ方もいる。

・高血圧のガイドライン操作で薬の売上が6倍に

年々高血圧の基準値が下がってきていて、薬でコントロールしようとしています。

勿論基準が厳しくなると、医師は基準値に下げようと薬を出し、薬の使用度を上げるという流れです。

でも、薬でコントロールすると早死にするリスクが高くなるという話です。

アメリカの事ですが、医療サービスの満足度を調査した話し

①話を注意深く聞いてくれるか

②理解し易い言葉で説明してくれるか

③患者自身が話した事を尊重してくれるか

④十分な時間をかけたか

⑤医療スタッフから受けたサービスは満足か

この5つの項目で評価して4つのグループに分けたそうです。

満足度が一番高いグループは一番低いグループに比べて医療や薬にに使うお金が9%高かったそうです。

何かあると医者に診てもらってよく薬を飲み、早めに入院。

ところが、4~5年追跡したら満足度が高いグループは、満足度が一番低いグループに比べて死亡率が26%高かったそうです。

完全に医療が商売になっていますし、死亡率も高まっているんですから最悪です。

これはアメリカの事ですが、勿論日本にも言える事と思います。

医療を必要な時は受けなければいけませんが、事ある毎に過剰な医療を使う事はご自身の健康状態を下げてしまいます。

薬は一時的に症状を和らげる事は出来ても、病気を治す事ができないからです。

薬を毒と言う方もいます。

慢性症状の場合は、定期的に毒を飲んでいるようなものです。

治しているのはご自身の自己治癒力ですよ。

それを高める事が症状からの早期の治癒に繋がりますし、予防にもなります。

医療が金儲けの種になっている今の御時世、これでホントにいいんでしょうかね~^^;

国としてもっと考えてもらいたいと思います。