治療で良くならない方への方向性をお伝えします。

先日お伝えした夏樹静子さんの「腰痛放浪記 椅子が怖い」


&show(): File not found: "51YX3Y72F5L.jpg" at page "QBlog-20150909-1";


この本は、ご自身の腰痛体験を書かれているものです。


治療しても中々良くならない時って、この腰痛放浪記の中の夏樹さんのような状態になっているんだろうなぁ〜と思う時があります。


後から思うと執筆活動がご自身のストレスになっていたんだと気付かれていましたが、腰痛真っ最中のご本人はまさかストレスになっているとは思いません。


結構、盲点になっているところがあります。


夏樹さんは色んな経験をされて、最終的にその事に気づく事ができて腰痛から回復されました。


この気づきは、思いが強ければ強いほど見えなくなっているのかもしれません。




僕が思う良い治療家というのは、その事を自分で気づいたかのように気付かせられる人と思っています。


患者さんと一緒に症状と戦ってしまってはいけないのですが、僕はついついやってしまう所があります。


それはやはり患者さんをラクにしたいという思いがそうさせるのですが、同じ土俵に乗ってしまっては、気づきを与える事は難しいのです。。。
(後からやっちゃった・・・と思います;;)




中々良くならない時は、夏樹さんのように患者さんご自身の気づくという力も必要だと僕は思います。


このような場合の回復への方向性は、やっぱり心理社会的因子へのアプローチです。


要はストレスへのアプローチです。


もしかしたら、中々難しく思われるかもしれません。


もちろん、その方その方で違いがありますが、一つ言える事は何かを選択する時は「心が柔軟になる方」を選択する事です。


◯◯でなければ〜という考え方になってしまうのではなく、色んな選択肢を増やす事です。


わかりますか?


一つの選択肢しかなくなると心はきつくなってしまいます。


◯◯という考え方もいいな・・・◯◯も楽しそうだな・・・◯◯じゃなくてもいいんだな・・・のように見方を増やしていきます。


増えていくと心がラクになってきます。


選択肢を増やしていく事で、心の柔軟性を育てていきましょう^^




毎日患者さんに学ばせてもらっている環境に感謝です。


ありがとうございますm(_ _)m




整体 福岡市

このような方に喜んでご来院頂いています。

[check]マッサージに行っても治らない。


[check]整形外科に通院しているが痛みがひかない。


[check]鎮痛剤で一時的に痛みは緩和してもまたすぐに痛くなる。


[check]ブロック注射、電気針をしてもまたすぐに痛くなる。


[check]すべり症、分離症、ヘルニア、脊柱管狭窄症と言われた。


予約キャンセルについて

当院では私が一人で治療をしている為、1日に予約を受けられる患者さまの人数が限られています。


その為、予約のキャンセルのご連絡は24時間前にお願いしています。


24時間前までにキャンセルのご連絡を頂けると、予約が埋まって入れられない方に連絡して予約の枠を提供する事ができます。


お悔やみ事や事故など、やむを得ない場合があると思いますが、ご協力をお願い致します。


ご予約・お問い合わせ

ご予約は今すぐ!

ご予約:092-542-0389

こ5・し4・に2・お0・み3・や8・げ9(こしにおみやげ)と覚えて下さい^^

#show(): File not found: "20110924-a0001_008188_m.jpg"

092-542-0389にかけて戴いて、

「初めてですが、○日の予約は空いていますか?」とお問い合わせください。

1分で予約完了です。

※予約制の為必ずお電話下さい。


尚、1日に対応できる方に限りがありますので、新規の方は1日2名様までとさせて戴いています<(_ _)>

治療や症状についてのお問い合わせご予約等は下記のメールフォームから
ご連絡下さい。

ご予約の場合は第3希望まで日時をご記入下さい。

※ご予約の変更など緊急のご連絡の時に使います。

※連絡が二日経ってもない場合はメールミスが起きている可能性がありますので、その際は直接お電話頂くか、cloverchiro46@gmail.comまでご連絡下さい。

a:14 t:1 y:0