整体 福岡市 腰痛 ギックリ腰 膝痛 椎間板ヘルニア 脊柱管狭窄症

福岡市で腰痛、座骨神経痛、ヘルニア、脊柱管狭窄症でお悩みで整体院をお探しの方へ

嫌われる勇気

カテゴリ:本

嫌われる勇気



クローバーカイロは、腰痛などの体の症状の改善を目指す、結果重視の治療を提供しています。


結果重視というのは、変化を積極的に起こして、腰痛が緩和する、改善するという事に焦点を当てているという意味です。


だから、通常の治療よりも深いレベルで治療をしています。




今日のブログは、ここが前提にあっての話になります。


3年くらい前に「嫌われる勇気」という本が出版されてよく売れました。


これはアドラー心理学という心理学を対話形式で書いた本です。


僕も何回か読みました。


今夜、この「嫌われる勇気」がドラマで放送されるそうですね。


気になっているので、見てみようかと思っています。


嫌われる勇気


この嫌われる勇気の本の中にイギリスの諺が紹介されています。


「馬を水辺に連れて行くことはできても、水を飲ませることはできない」


馬が水を飲もうと思っていなければ、どんなに与えても馬は水を飲むことはしない、という意味です。


言い換えると、いくら悩んでいると言っても、本人が解決しようと思っていなければ他人が解決させることはできないという事。


実際に問題解決するのはクライアント自身で、それを助けることしかできないという意味です。




そして、僕のような治療家や、教師、医師、看護師などの支援職の人はクライアント(ここでは患者や学生等の支援を受ける人の意味)と足並みを揃えて関わっていく必要があります。


過剰な関わり、例えば「これをしてください」、「あれをしてください」と言った事はクライアントの自分で解決する力を奪っている(依存的になる)事にもなります。


問題解決をする上で大切なのは、「自分で解決する」という意志です。


失敗してもいい


失敗することで、それが間違った方法だということがわかるのですから。


解決する力を身につける一歩ということにもなります。


これが「馬を水辺に連れて行くことはできても、水を飲ませることはできない」という諺の意味なんですが、「自分で解決する意志」とか「問題解決する力」を治療やビリーフチェンジの施術の中で身につけていただけたらと思っています。


力


烏滸がましいかもしれませんが、単に痛いから痛みを無くすという治療や関わりではなくて、もっと深いレベルでお一人お一人の成長に貢献できたら嬉しいです。


それが長い目で見ると患者さんの心身の健康に貢献することだと今の僕は思っています。


そして、皆さんのお役に立てるように僕自身も成長するように日々学んでいきたいです。




整体 福岡市

ビリーフチェンジセラピー

このような方に喜んでご来院頂いています。

[check]マッサージに行っても治らない。


[check]整形外科に通院しているが痛みがひかない。


[check]鎮痛剤で一時的に痛みは緩和してもまたすぐに痛くなる。


[check]ブロック注射、電気針をしてもまたすぐに痛くなる。


[check]すべり症、分離症、ヘルニア、脊柱管狭窄症と言われた。


予約キャンセルについて

当院では私が一人で治療をしている為、1日に予約を受けられる患者さまの人数が限られています。


その為、予約のキャンセルのご連絡は24時間前にお願いしています。


24時間前までにキャンセルのご連絡を頂けると、予約が埋まって入れられない方に連絡して予約の枠を提供する事ができます。


お悔やみ事や事故など、やむを得ない場合があると思いますが、ご協力をお願い致します。


ご予約・お問い合わせ

ご予約は今すぐ!

ご予約:092-542-0389

こ5・し4・に2・お0・み3・や8・げ9(こしにおみやげ)と覚えて下さい^^

福岡整体への予約

092-542-0389にかけて戴いて、

「初めてですが、○日の予約は空いていますか?」とお問い合わせください。

1分で予約完了です。

※予約制の為必ずお電話下さい。


尚、1日に対応できる方に限りがありますので、新規の方は1日2名様までとさせて戴いています<(_ _)>

治療や症状についてのお問い合わせご予約等は下記のメールフォームから
ご連絡下さい。

ご予約の場合は第3希望まで日時をご記入下さい。

尚、予約メールでの当日のご予約はお受けできませんのでご注意ください。
当日のご予約をご希望の際は、電話でご連絡ください。

お名前 *
メールアドレス *

※メールアドレスに間違いがないかご確認ください。アドレスが間違っているとメールが届かない場合があります。
電話番号 * ※ご予約の変更など緊急のご連絡の時に使います。
内容 *

※連絡が二日経ってもない場合はメールミスが起きている可能性がありますので、その際は直接お電話頂くか、cloverchiro46@gmail.comまでご連絡下さい。

a:886 t:1 y:0

コメント


認証コード1602

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional